カネシメ食品とは



近年、海外でも寿司などの魚食が好まれるようになり、魚介類の需要は世界的に拡大しています。こうした背景の中、商品を安定的に供給するため、原料となる水産品は関連会社の「曲〆(カネシメ)高橋水産株式会社」と連携し、国内はもとより世界各地から選りすぐりの素材を調達しています。

また、主原料である数の子は主にデンマークやカナダ、ロシアなどからの輸入品です。私たちは定期的に海外の調達先に出向き加工上の調査や検査、ならびに輸送時の温度管理など万全の体制を整えています。

おかげさまで販路は年々拡大し、国内だけでなくアメリカや台湾、シンガポールへも輸出しており、今後ますますの成長を見込んでいます。

世界各地から選りすぐりの水産物が運ばれる、
札幌中央卸売市場のセリ風景。



当社のオリジナル商品は、「味付け数の子」をはじめ松前漬や貝製品など約50種類にのぼります。中でも発売当初から人気の「北海つぶ」は30年来愛されるロングセラーになっています。

しかしながら時代の流れとともに消費者のニーズや嗜好は変化します。私たちはこうした市場のニーズに応えられるよう、商品開発には栄養士を含む女性スタッフ3名を配属し、最新のトレンドを取り込みながら、消費者の目線に立った「食べやすさ」「おいしさ」を追求した商品づくりに注力しています。

新商品の誕生まで幾度となく繰り返す商品開発

また、魚料理離れが進んだ日本の食卓に、手軽に調理ができるレシピの開発提案も行っています。例えば「北海つぶ」や「北海ほたて」はパックの中身を丸ごと炊飯器に入れ、白米と一緒に炊くだけで簡単に炊き込みご飯が作れます・今後も素材の味わいを活かし、皆さまに親しまれる商品づくりに励んでいきます。